最新記事

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
ラプンツェルの翼
2009-03-22 Sun 18:21
2月の電撃文庫より、ライター買い。濃厚な心理戦ゲーム描写でおなじみの土橋さんの新作です。やはり新シリーズできましたね。絵師も変わって心機一転。それでは中身です。

夢ではなかった。昨日、血まみれの女性から託されたトランクは今もこうして遼一の手元にある。しかも危険な武器だからけっして開けるなと言われていたのだが、家に着いたとたん動き出し勝手に開いてしまったのだ。中から出てきたのは美少女、従わなかったら殺すと言われ奇妙な同棲生活が始まった。そしてトランクを渡した女性が再び姿を見せたとき、生死をかけた天使と悪魔のゲームが始まった…

というお話。同じような7ペアがいて終了条件が一人生き残ること、というおなじみのゲーム展開だったのですが前作前々作とは一味違います。心理戦やゲーム描写が薄く、キャラ描写のほうが重視されていたのでちょっと肩透かし。キャラの魅力が出てたのはいいんですが今度はゲーム分が物足りないw。ゲームも完結し今回は実験的な一作だったのかなぁと。次作はもうちょっとゲームよりのを期待します。

ラプンツェルの翼
土橋真二郎 イラスト/ 植田亮
アスキーメディアワークス 2009-02
評価
by G-Tools
ツァラトゥストラへの階段 (電撃文庫) 扉の外 (電撃文庫)

関連記事

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

別窓 | 【ラノベ】電撃文庫 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<TECH GIAN 2009年5月号 | 狙撃者のひとりごとR | ほうかご百物語4>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 狙撃者のひとりごとR |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。