最新記事

らぶジェネ!
2009-02-11 Wed 09:03
12月のMF文庫より、ライター買いかな。ラノベの正しい書き方などで最近個人的ブームな本田透さんです。それでは中身。

俺には中学時代の黒歴史がある。らぶジェネというギャルゲにはまり、水無瀬なるキャラに相当入れ込んでいたのだ。しかし彼女は攻略できないサブキャラだったゆえに高校デビューで三次元へ復帰していた、はずだった…。そう、校舎裏でジェネサイトという二次元を現実世界に具現化する機械に会うまでは。偶然とは言え俺は水無瀬を具現化してしまい同棲することに。クラスメイトに惚れかけていたところに昔の嫁の登場。しかし水無瀬はゲーム同様俺の恋路を応援するだけで攻略対象にはなりえない…

というお話。具現化した存在とは言え自分は恋路を応援するだけという立場の水無瀬をいかに扱うか、というあたりうまいですね。サブキャラ萌えとしては攻略できないキャラに萌えてしまう気持ちは大いに共感してしまいますw。名探偵コナンとか嘘だっとか小ネタも多めw。どうやら続くっぽいのでとりあえず登場人物が揃った次巻に期待です。

らぶジェネ!
本田透 イラスト/鶴崎貴大
メディアファクトリー 2008-12
評価
by G-Tools
がく×ぶる (集英社スーパーダッシュ文庫) ライトノベルの楽しい書き方 (GA文庫)

関連記事

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

別窓 | 【ラノベ】MF文庫J | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<「Volume7」感想 | 狙撃者のひとりごとR | 電撃G's Festival! Comic Vol.5>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 狙撃者のひとりごとR |