最新記事

どろぼうの名人
2008-11-03 Mon 23:59
10月のガガガ文庫より、なんとなく買い。先月の気になるリストでチェックしていたから買わないといけないと思ったのに、自分でもなぜチェックしたのか覚えていない…。挿絵だった気もするんですが正直表紙でこれは選ばないなとw。まぁとりあえず中身です。

佐藤初雪は中学3年生、姉の葉桜と二人暮らしだ。初雪の姉は裏社会でいろいろと金策をしているらしいけど初雪はよく知らない。ある日初雪はそんな姉から一ヶ月くらい、知人である川井愛の妹になることをお願いされる。理由は裏社会のことだからやっぱりわからないけど、姉のためと承諾し愛の家で生活を始める。飽きられないように、機嫌を損ねないように、でもそうやって過ごしているうちに…

という話。なんか意味がわからないなーと思いつつ読んでましたが、最後のほうで動きらしい動きがあって終了。正直平坦できつかった…。ちょい百合物らしく、登場人物が女だけだからかもしれません。百合と理解して読んでたらまた違ったかもしれませんがちょっと苦手な一冊でした。

photo
どろぼうの名人
中里十 イラスト/しめ子
小学館 2008-10-18
評価
by G-Tools

関連記事

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

別窓 | 【ラノベ】ガガガ文庫 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<「とっぱら ~ざしきわらしのはなし~」感想 前編 | 狙撃者のひとりごとR | FORTUNE ARTERIAL コミックアンソロジー Vol.3>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 狙撃者のひとりごとR |