最新記事

ふしあわせなら手をつなごう
2008-08-29 Fri 22:40
8月の電撃文庫より、雰囲気買いかな。ライターは去年海をみあげてを書いてた人。あまり印象に残ってない作品だったので知らずに買いましたけどね。それではとりあえず中身です。

古神子優哉には不思議な能力がある。人が持っている幸せと不幸の分量を天秤で見ることができるのだ。不幸の方に大きく傾いている人にはなにかよくないことが起こる。そんな人たちを放っておけない優哉は唐突に握手を求める。なぜなら握手によって天秤の傾きを戻すことができるのだ。それは自分の幸せ分を分け与えているということなのだが…

というお話。クラスメイト・親戚・幼なじみの天秤を直す3章分と能力の理由の1章で4章構成。天秤が傾いた理由を絡めてちょっといい話。不思議というよりは現実のドロっとした部分も多いです。さらっとは読めるんですけど全体の雰囲気は微妙。しかしこれも前作同様あまり印象に残らないなぁ…。設定だけがあってまとまりがない感じ?もう少しキャラ同士の絡みがあってもいいんじゃないかと。そう考えると前作もそういうことだったのかもしれません。

ふしあわせなら手をつなごう!
日比生典成 イラスト/田上俊介
アスキーメディアワークス 2008-08-10
評価
by G-Tools
海をみあげて (電撃文庫)

関連記事

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

別窓 | 【ラノベ】電撃文庫 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<AKUMAで少女~悪魔の国のお姫様~ | 狙撃者のひとりごとR | ネギま!23巻>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 狙撃者のひとりごとR |