最新記事

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
スクランブル・ウィザード
2008-07-21 Mon 22:30
7月のHJ文庫より、選考買い。ノベルジャパンとか名前はたいそうな感じですがHJの大賞ってことですよ。魔法という設定と絵が決め手ですね。優秀賞のめがねのやつはこれの出来しだい。それでは中身です。

椎葉十郎は優秀な魔法執行士だった姉に憧れ、本来素質に依るところが大きい魔法の力を「壊呪」という特殊スキルに特化することで補い、姉と同じ一級魔法執行士の地位につくことができた。しかし任務中のミスによって一時的に魔法士育成学校での教師を任命される。魔法の才能があるのは数千人に1人と言われ、その中でも魔法が使えるレベルはほんの一握り。そんな貴重な魔法士が集う学校に反魔法派のテロリストが潜入し篭城事件を引き起こした。果たして無事に事件を解決することができるのか、

というお話。あらすじ書いてても表紙の女の子の出番が少ないw。学園の生徒で魔法は優秀だけどちょっと内気、なんだかんだで先生である十郎と仲良くなるという展開なので恋愛成分はないのですよ。しかし主人公の能力・壊呪は熱い展開にしやすくて嫌いじゃないですw。ただもうちょっと女の子をうまく使って欲しいかなと。先生役が主人公ってことで難しいとは思うんですが熱いだけでは読まないものでw。そんなところでめがねはスルーですね。

スクランブル・ウィザード
すえばしけん イラスト/かぼちゃ
ホビージャパン 2008-07-01
評価
by G-Tools

関連記事

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

別窓 | 【ラノベ】HJ文庫 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<キミキス スウィートリップス 2巻 | 狙撃者のひとりごとR | TECH GIAN 2008年9月号>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 狙撃者のひとりごとR |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。