最新記事

ゼロの使い魔14
2008-06-10 Tue 22:20
5月のMF文庫より、シリーズ買い。アニメの3期まであと少し、どちらかというとラジオの更新サイクルがあがるのを期待していたりする釘宮病患者ですよw。前巻がすごいいい感じのところで終わってたのもすっかり忘れてましたがとりあえずさくっと中身。

ルイズは教皇ヴィットーリオの虚無の魔法で才人を元の世界に返すことを条件にロマリアの戦争への協力を約束し、ガリア王の思惑通り始まってしまった戦争に駆り出される。そして才人に会えない悲しみに暮れるルイズは、ティファニアに頼んで才人の記憶を消してしまった。一方の才人が意識を取り戻した世界は元の世界の日本…ではなく六千年前のハルキゲニア。そこで出会ったのは当時の始祖ブリミルとその使い魔の初代ガンダールヴだった…

というお話。ひょっとしたらここで帰って終わるかも、なんてのは杞憂でしたw。帰らない決断、そしてルイズと元の鞘に落ち着くあたりなかなかの盛り上がりですよ。このへんでタバサの冒険の話がからんでくるとは考えられてるなと。戦闘は一段落ですが戦争状態に突入したのでしばらくは戦い続けるかなぁと思いつつ今回足りなかったツンデレ分を次巻には期待しますよw。

ゼロの使い魔〈14〉水都市の聖女
ヤマグチノボル イラスト/兎塚エイジ
メディアファクトリー 2008-05-21
評価
by G-Tools
ゼロの使い魔13 (MF文庫 J や 1-16) 【MF文庫J】ゼロの使い魔12 (MF文庫J) ゼロの使い魔〈11〉追憶の二重奏 (MF文庫J) ゼロの使い魔〈10〉イーヴァルディの勇者 ゼロの使い魔〈9〉双月の舞踏会 (MF文庫J)

関連記事

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

別窓 | 【ラノベ】MF文庫J | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<エム×ゼロ 9巻 | 狙撃者のひとりごとR | 「夏空カナタ」感想 前編>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 狙撃者のひとりごとR |