最新記事

モーフィアスの教室
2008-02-18 Mon 21:48
1月の電撃文庫より、雰囲気買いかな。ライターさんの旧作は読んだことありませんがちょっと古めかしいシリーズが多そう。と思って調べてみたら最後は半年前でしたw。表紙でスルーでサーセンw。それはさておき中身です。

岸杜直人が見たのは悪夢だった。クラスメイトの一人が教室で得体の知れない化け物に食べられるという不気味なものだ。しかし現実でもその生徒は意識不明で病院に運ばれ、クラスメイトの多くは同じ夢を見たという。幼馴染の久世綾乃この不思議な夢の秘密を知っているらしいのだが、夢の中で扉を開けるなと言うだけで肝心なことは教えてくれない。扉ってなんだよと思った矢先、直人は夢の中で謎の扉と対面する…

というお話。とりあえずこの事件が解決するまでは入ってるし、事件のオチも軽く捻ってはあるし、綾乃の過去とかの設定も嫌いじゃないはずなんだけどなんだろう…合わないというか、すんなり読める安定感か古い感じがしちゃうんだよなぁ…。たぶん相性の問題です。早くも2巻が出そうですが、この調子だとスルーしてしまいそうです。むしろ関係ない既刊の山姫アンチメモニクスってのに興味がわきましたがw

モーフィアスの教室
三上延 イラスト/椎名優
メディアワークス 2008-01-10
評価
by G-Tools

関連記事

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

別窓 | 【ラノベ】電撃文庫 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<「FORTUNE ARTERIAL」感想 中編 | 狙撃者のひとりごとR | そらのカナタの! 2巻>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 狙撃者のひとりごとR |