最新記事

ロミオの災難
2008-02-12 Tue 21:47
1月の電撃文庫より、雰囲気買いの絵買いかな。ライターは哀しみキメラの人、ですが読んだことありません。挿絵は表紙では気づかなかったさくや朔一さん、Waffleの原画さんですね。それでは中身。

7年前、とある演劇部の5人が合宿帰りに交通事故で亡くなった。彼らが演じるはずだったロミオとジュリエットの台本を残して。時は流れて今、演劇部副部長・如月行哉は困っていた。5人という少人数で出来るその台本を見つけたまではよかったのだが、配役が決まってからというもののメンバーから感じる好意のオーラが異常なのだ。どうやら複雑な恋愛関係を持ったまま死んだ演劇部のメンバーの霊的なものが乗り移っているようだ。荒れ狂う嫉妬の嵐の中、無事にこの舞台を演じきることが出来るのか…

というお話。どろどろっとした恋愛モノですが、一応最後はすっきりするしギャグもなかなか利いてるしで面白かったです。西園寺君の設定勝ちの気もしますがw。後半の劇の部分も勢いがあってノリますね。哀しみキメラにもちょっと興味が出てきましたよ。

ロミオの災難
来楽零 イラスト/さくや朔一
メディアワークス 2008-01-10
評価
by G-Tools

関連記事

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

別窓 | 【ラノベ】電撃文庫 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<「FORTUNE ARTERIAL」感想 前編 | 狙撃者のひとりごとR | Fate/Zero Vol.4>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 狙撃者のひとりごとR |