最新記事

ヒトカケラ
2007-12-13 Thu 21:36
11月のMF文庫より、雰囲気買いの一冊。新人賞の佳作ということですが、気分的には絵買いの割合が高いかな。挿絵はPULLTOPでおなじみの藤原々々氏。わらわらって読むんですねw。それはさておき中身です。

主人公・輝幸は片思いをしていた女の子ありすからある日屋上に呼び出される。告白かとちょっと期待していた輝幸がありすから言われたのは「私のカケラを一緒に探して欲しい」という意味不明な言葉。さらに話を聞いていくと、ありすは宇宙の審判者で人間を生かすか殺すかを決定する権利をもっていること、その決定期限が4日後にせまっていること、決定の結果に関わらずありすは消滅してしまうことを輝幸は知ってしまう。果たしてありすが下す決断とは…輝幸の恋は…

というお話。うーん、よくある設定の気はするんですが代表作がいまいち思い出せない。まほろさんとはちょっと違うか。前半は普通に表紙の少女メインで主人公視点なんですが後半は後輩の少女視点による真相編みたいなかんじですか。1つの話を2回読むようなものなので短編ぽくあっさりした印象。なんか作者的には伏線を張りまくったらしいですが、残念ながらあまり効果的ではなかったかなぁ。自分、あざとさを求めてるんでw

ヒトカケラ
星家なこ イラスト/藤原々々
メディアファクトリー 2007-11
評価
by G-Tools

関連記事

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

別窓 | 【ラノベ】MF文庫J | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<昔なつかし2004年11月期 | 狙撃者のひとりごとR | JOJOの奇妙な冒険 The Book>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 狙撃者のひとりごとR |