最新記事

とらドラ5!
2007-08-14 Tue 21:00
8月の電撃文庫、番外編を挟んだのでちょっと間が空いた気がしますが半年ぶりのとらドラ本編です。今巻は文化祭を軸にしつつもちょいと訳ありな大河の家の話。文化祭と言えば困るのは出し物を決めることですが、コスプレ喫茶をもくろむ男子の奮闘もむなしくプロレスショーに決まってしまう大河たちのクラス。しかし腹黒亜美の扇動と出店人気投票の豪華商品によって無駄に盛り上がっていく。その一方で家庭の事情で一人暮らしをしていた大河のところに父親が現れ一緒に暮らそうと持ちかける。竜児はそうしたほうが良いと大河に勧めるが…

というお話。一瞬最悪な展開だなぁと思ったんですが、みのりんがぶちキレてからは安心して読めました。危ない危ない。それぞれの恋関係に関してはあんまり進まずノリはいつもの感じ、とはちょっと違って大河と竜児のからみが少なかったかな?しかしクラスメイトが意外といい味だしてたので面白かったですよ。話はそんなところですがまだ一つ気になることが。なんか最近ヤスさんの挿絵が…こう、目が離れていってないですか?大河くらい目が大きいと気にならないんだけども亜美くらいだとけっこうきついんだよなぁ…できれば初期のほうに戻ってほしいんですが…。

とらドラ! 5 (5)
竹宮ゆゆ子 イラスト/ヤス
アスキー・メディアワークス 2007-08
評価
by G-Tools
とらドラ・スピンオフ!―幸福の桜色トルネード (電撃文庫) とらドラ! 4 (4) (電撃文庫) とらドラ〈3!〉 (電撃文庫) とらドラ〈2!〉 (電撃文庫) とらドラ!1

関連記事

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

別窓 | 【ラノベ】電撃文庫 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<昔なつかし2004年7月期 | 狙撃者のひとりごとR | 「あかね色に染まる坂」感想 前編>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 狙撃者のひとりごとR |