最新記事

人類は衰退しました
2007-05-28 Mon 20:46
ガガガ文庫の目玉商品。言わずと知れた田中ロミオ様がラノベ界に降臨ですよ。もう結構いろんなところで姿を消していますね。果たしてその気になる中身は…

そこは人口が減少し学校制度すら崩壊してしまった時代。学院の最後の卒業生の一人である女の子(名前が見当たらない?)は、卒業と同時に故郷に帰り調停官という仕事につく。その仕事内容は新人類こと体長10cmほどで知識豊富な妖精さんたちと仲良くなり観察するという仕事(どんなだw)。女の子は人見知りだけどがんばってその妖精さんとコンタクトをとり、その生態を記録していく…

はい、ほんとに妖精さんの生態が延々と書かれているだけです。なんかずっとサターンバレーで過ごしている気分にはなれますよw。えっと…大丈夫なのかこれで?正直期待していたものと違うw。なんだろうこれ?ところどころにロミオ節はあるんだけど、似てるロミオ作といえば…思い当たりませんね…というかこんなゲームあるわけないw。だって山もなにもないもんなぁ。しいて例えるなら、小ネタで出てくる妄想世界を1つだけロミオ語録でパンパンに膨らましたかんじ?そういう意味ではまっしぐらが一番近いかも。でも次作が出たら買うよ絶対。恐るべしネームバリューw。

photo
人類は衰退しました
田中ロミオ イラスト/山崎透
小学館 2007-05-24
評価
by G-Tools

関連記事

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

別窓 | 【ラノベ】ガガガ文庫 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<夜明け前より瑠璃色な Vol.2 | 狙撃者のひとりごとR | 「D.C.Ⅱ Spring Celebration」感想 後編>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 狙撃者のひとりごとR |