最新記事

カレイドスコープのむこうがわ
2007-03-29 Thu 20:35
3月の電撃文庫はシリーズものばっかりで衝動買いが難しい中、唯一の単発作品です。主人公神田道弘は高校受験を目前に控えたバレンタインデーに委員長井上さんから義理じゃないけど、と言われてチョコをもらう。そのチョコの扱いに困りつつ日々を過ごしていた道弘はある日、祓い師と名乗る淑乃とその使い魔と名乗る小夜と出会い同調者(幽霊を知覚する能力者)としての才能を自覚する。そしてなし崩し的に幽霊退治を手伝うことになるのだが…

中身は短編が5本。幽霊がいて、主人公がその幽霊の心理を読みとり問題を解決する、という構成。アクセントとしてその仕事を知らない井上さんとの日常会話が入っている…はずなのですがこの主人公へタレだわー。なんだかんだで委員長の好意を見て見ぬ振りですよ。もうちょっと進展あってもいいんじゃない?そのせいでなんだか微妙な印象です。

カレイドスコープのむこうがわ
三木遊泳 イラスト/ぷよ
メディアワークス 2007-03
評価
by G-Tools

関連記事

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

別窓 | 【ラノベ】電撃文庫 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<「ひぐらしのなく頃に 祭」感想 憑落し編 | 狙撃者のひとりごとR | コンプエースVol.13>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 狙撃者のひとりごとR |