最新記事

麗しのシャーロットに捧ぐ
2007-02-10 Sat 20:28
富士見ミステリー文庫から絵買いの一冊。表紙の通りかわいいメイドさんもの…ではありませんwさすがはミステリー文庫ということ?

構成は大きく分けて3つ、ミステリーものとして完結してたっぽい1章、同じ屋敷を舞台にしたまったく違う話っぽい2,3章、その2年後の話となる4章。かわいげなメイドさんは1章にしかでてこないっていう。ちょっとライトノベルというほど軽い感じでは読めないですね、読解力おちてるなぁw人物構成が複雑で久しぶりにメモを取りながら読んでしまいましたよ…。普通に読み終わってみればすっきりというかんじ、にはならずちゃんと自分で理解する必要があるかな?仕掛け好きなら読んでもいいかもしれません。

photo
麗しのシャーロットに捧ぐ―ヴァーテックテイルズ
尾関修一 イラスト/山本ケイジ
富士見書房 2007-01
評価
by G-Tools

関連記事

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

別窓 | 【ラノベ】富士見ミステリー文庫 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<声で魅せてよベイビー | 狙撃者のひとりごとR | 「カタハネ」感想 前編>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 狙撃者のひとりごとR |