最新記事

ひかりをすくう
2006-07-25 Tue 20:04
ライトじゃないですがノベルってカテゴリを作るのもあれなので。橋本紡さんの半自伝のようなものらしいです。もちろん紀伊国屋で買ってサイン会の整理券もらってきましたよ~。土曜日に買いに行ったんですが整理券番号は50番前後。150人だから結構余裕ですね。橋本さんのブログで150人来るか心配してましたが、きっと来ますって。

簡単なあらすじ。
智子はデザイン事務所に勤め、それなりに実績も積み重ねてきた。しかしあるとき働き詰めの生活に疲れて仕事をやめることにする。そして元同僚で今は主夫となっている哲ちゃんとともに郊外へと引越し貯金が尽きるまで無職な生活を続ける…

えー橋本さんもおっしゃる通りまったくもって地味な話です。何もないわけではないですが、何かあるわけでもありません。ただひたすらに日常が描かれています。食の描写が多いのでなんだか読んでてすごくおなかがすいてきてしまいますw

photo
ひかりをすくう
橋本 紡
光文社 2006-07-21
評価
by G-Tools
流れ星が消えないうちに

関連記事

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

別窓 | 【ラノベ】その他 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ドラマCD 夜明け前より瑠璃色な~Fairy tale of Luna~#4 | 狙撃者のひとりごとR | 「もしも明日が晴れならば」感想 前編>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 狙撃者のひとりごとR |