最新記事

「とっぱら ~ざしきわらしのはなし~」感想 後編
2008-11-16 Sun 21:36
前編中編より

残すはもう一人のメイン貧乏神とトゥルーなはずのミドリです。

幸子。大喰らいの貧乏神。
貧乏神であるが故の困難に立ち向かう話。ラストはお決まりのミドリネタですが、まさかの展開となんだかんだいいやつなところがヤマ。厄が落ちた幸子はGJ。

ミドリ。すべての発端座敷童。
トゥルーというほどではなくほとんど美影ルートでラストが違うだけ。展開は同じなのにそれでもヤマ。でも美影ルートのほうが好きだったかも?

総評。
座敷童の話というだけあってミドリネタがあざとすぎますだがそれがいいw。各キャラ2時間ちょっとくらいと短めで主人公が立ち直る展開が同じすぎでしたが、予想以上に瞬発力があってヤマも多くてよかったです。でも読んでるとおなかが空いてくるのはどうにかなりませんかw。OPEDも結構好きですね。スシスキヤキー。あとシステム的にはHシーンの時だけクリック時音声カットをしない仕様はかなり好感触です。キャラメルBOXは初でしたがこれは総合的にあなどれないメーカーだと感じましたよ。

ランキング
美影(≒ミドリ)>幸子=藤花>穂波=佐久夜=千鶴美>瀬織>イソラ

総プレイ時間24時間半
関連記事

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2008 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<やってきたよ、ドルイドさん! | 狙撃者のひとりごとR | 昔なつかし2005年10月期>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 狙撃者のひとりごとR |