最新記事

「タユタマ」感想 後編
2008-09-22 Mon 21:25
前半より
残すは本命らしいましろとお嬢様。共通が多すぎなのであとでやればやるほどスキップで楽チンです。

美冬。世界のお嬢様。
喧嘩して仲直りするあたりが最大のヤマですね。あとはちょい重だったり、監督生らしくかっこいいところをさりげなく見せるあたりもいい感じ。それはともかく静さんってだけでポイント高いのは内緒だw。

ましろ。メインのタユタイ様。
3強を倒したあとの個別ルートはヤマの連続。やはりいい娘の話は自然と盛り上がりますねw。ラストは変な展開にもならずすっきりとハッピーエンド。最後の最後はもう少し盛り上げようがある気がしますが最後にやったのは正解でした。

おまけ。10分くらいのが二つ。
一つはタユタイの1日、もといアズの視点で適当に猫である。しかしナーサリィを知らないのでなんとも言えない微妙さ…。もう一つはましろの先祖と八街の出会い。短いですがちょいヤマくらいはありました。

総評。
ほどほどな期待だったのですが、ギャグありヤマありで想像以上によかったです。ほとんど共通なのにさりげない変化に力入れすぎですよw。しかしそれでこそ、この共通文量でも納得させてくれます。随所に入るHシーンもただやるだけじゃなくて意味のある存在になってるのもいいですね。しゃべりすぎで実用性はあまりありませんがw。システム的にはシーン録画とかBGMプレーヤーとか目新しい機能があったのは面白い。でも使わない機能ですがwあと青丘以来のBGM名が表示されるやつだったのが残念かな。おまけもなぁ…、先祖のほうはシナリオに入れた方が好きだし、アズのほうは知らないと微妙すぎる。Lumpはあまりおまけに期待してはいけないようです。

ランキング
アメリ>ましろ>美冬>ゆみな

総プレイ時間21時間半
関連記事

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2008 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん6 | 狙撃者のひとりごとR | 緋弾のアリア>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 狙撃者のひとりごとR |