最新記事

「るいは智を呼ぶ」感想 後編
2008-09-04 Thu 21:22
前編より
残すは年少組で声が一番なこよりと最終ルート固定の茜子。だんだん波に乗ってきましたよと。

こより。小動物的ローラー娘。
やはり鷹月さんは別格だなと。ピンク・ポッチーズとして姉の企業と戦う話。過去がらみはさらっとして姉がらみでちょいヤマってところです。しかしHシーンが茉莉(家計)過ぎて吹いたww。

茜子。毒舌系ひねくれ娘。
ルート固定で呪いとか恵とか記者とか姉とか企業とかだいたいすべてを解決する話。いろんな裏が明らかになって恵の話がちょいヤマ2つくらい。しかしなぜ茜子が最後なのかがわからない…能力のせい?

総評。
んー、最後までやれたのは短いからかなという感じ。やって損したとは言いませんが自分は人には薦めないですね。なぜかというとキャラに魅力が少ないから(主に声的にw)。茜子ルートも最後の最後ですっきりしきれないのもなぁ…。小ネタも各ルートで使いまわされてたりで、個別と共通をもう少しうまくつなげて欲しいかな。あとは表現が回りくどいんですよね。倒置法好き?小難しい文章が好きな人は気に入るかもしれません。これは次作も様子見せざるを得ないか。

ランキング
こより>茜子>るい=花鶏=伊代

総プレイ時間18時間半(飛ばし気味)
関連記事

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2008 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<森口織人の陰陽道 | 狙撃者のひとりごとR | 電撃G'smagazine 2008年10月号>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 狙撃者のひとりごとR |