最新記事

「ef -the latter tale.」感想 後編
2008-07-06 Sun 21:14
前編より
残すはミズキルートの結末と優子編。おまえは誰だ…、としびれる台詞で始まり始まり。

優子編。謎が謎を呼ぶ年上系。
優子と火村と久瀬と凪の学生時代の話ですが、いやー参りましたよw。優子の告白と紙飛行機と腕時計。この重さは久しぶりにたまりませんねw。でも嫌いじゃないですよ。しかし本当のヤマは子供ミズキが絡んでくる13章以降の夕編にありました…。天使の階段と最後の約束は久しぶりの大きいヤマです。意外と長い優子編はこのためにあったなって感じですね。

最終章。
過去の話から現代に戻ってお前は誰だの続きです。いろいろとヤマもありつつミズキは久瀬とくっついてめでたし。さらに丘の上の風景でしびれつつ、最終的に優子と火村が教会でしゃべっていたところに行き着きます。そして長かった語りに終止符。なかなか好みの分かれるENDの気がしますが自分はいい感じに終わったなと思いました。

総評。
first tale.みたいなのを想像してたら想像以上に破壊力がありました。やはり物語は完結するにかぎりますねw。2分割だからこそできた圧倒的CG枚数と演出は類まれなる出来です。まぁ最後までやってこその評価なんですけどね。正直優子とミズキ編がすべてですよw。そういう意味でアニメ1期は復習にちょうどよかったです。システムは苦手なシーン巻き戻しだけ普通のバックログにしてほしかったなというところ。OPはやはり悠久の翼に限りますが終わったあと見てみると2ndOPも悪くないかも。最後にもうアニメ2期の話が出てきましたが優子編とか大丈夫なんだろうか…まぁ本編やったあとなんで軽く本編を思い出させてくれればいいや程度に期待しておくことにします。

ランキング
ミズキ>優子>千尋

総プレイ時間20時間
関連記事

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2008 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<電撃G'smagazine 2008年8月号 | 狙撃者のひとりごとR | ほうかご百物語2>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 狙撃者のひとりごとR |