最新記事

「夏空カナタ」感想 前編
2008-06-09 Mon 21:12
5月ソフトより、ゆずソフトの冬なのに夏ゲー。
何度も何度も言ってますがこぶりん絵は好きなのですよw。前作のEXEはけっこう微妙な評価だったんですが果たしてその反省は活きているのか…それなりに期待してプレイ開始です。

共通は1時間くらいで祭りが終わるまで。選択肢は少なめでキャラのルート固定は特になし。私的攻略順はとりあえず出会いが避けられない由比子からにして個人ルートに入らない限りは接点がない茅羽耶・沙々羅という順にします。どうでもいいんですが名前変換しにくいんですけどw

由比子。幼なじみでロリ担当…
にしたらほとんどになってしまうくらい今回はロリキャラが多い気がするw。すぐにくっつくので短いかと思いきや意外と長いです。途中非常に鬱な展開になるのかと思わせてくれたせいかヤマは小さめ。あまり核心には触れずなんとなくEND。でもミホさんCGはよいですねw

茅羽耶。メインの麦わらさん。
記憶が3日しか保てないという事前情報で一番惹かれた部分ですよ。この娘がまたほんといい娘すぎでね…非常にヤマが多いです。最後に中か外に出すかの選択でENDが二つ。最初の中のほうだとちょっとしっくり来ないなぁと思ったのですが、その後の外のほうは短めでも非常にすっきりでかなりよいです。何とは言いませんがちょっとネタはかぶってるんですけどねw

現プレイ時間14時間 後編へ
関連記事

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2008 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ゼロの使い魔14 | 狙撃者のひとりごとR | パラレルまりなーず>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 狙撃者のひとりごとR |