最新記事

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
「CHAOS;HEAD」感想
2008-06-02 Mon 21:10
4月末ソフトより、Nitro+の妄想ゲーでカオスヘッド。
ニトロをやるのは二挺拳銃以来なので結構久しぶりですよ。絵と空気が結構壁だったりするのでマカロニウェスタンとか無理でしたw。そういう意味でこれはマイユアのささきむつみ氏が描くキャラで問題なし。ただし一般ゲーですが…そこは下着パッチを用意してプレイ開始です。ふひひ。

基本的に一本道で10章構成。選択肢である妄想トリガーで女の子とちょっといい感じになるポジティブな妄想をするか、血が乱れ飛ぶようなネガティブな妄想をするかによって最後に空が晴れるAルートか、晴れないBルートに分かれます。剣やらなんやらが出てくるのでバトルものかと思っていたんですがそういった部分は最後の最後のみ。ほとんどはヘタレの主人公がガクブルしながら進行していきます。

Aルート。
こっちがトゥルーという感じですね。ちょこちょこぐっときたり鳥肌ものだったりするところがあって、ディソードを呼び出すところが最大のヤマといったところ。長さの割にそういうヤマは少ないのですが最後まで読ませる力はありました。

Bルート。
こちらがバッドという感じ。ほとんどAと同じで、最後の戦いがちょっと変わってくるくらい。先にAを見てしまうとこっちを後回しにする意味がちょっとわからない…。バッドが残ると後味悪いんですけどw。

下着パッチ。
とりあえず女キャラが下着になってしまうというなんとも無意味なパッチ。いや、やる気を起こさせるという意味では十分な効果はあるんですけどねw。でもおばさんまでやるのは勘弁してw。

総評。
12RIVENまでとはいきませんがそれなりに科学で説明できそうなネタを取り入れて、たまにぞくっとさせてくれました。そして科学が薄い代わりにギャグでカバー。レマン湖って言えwふひひw。とか主人公が絵に描いたようなキモオタなのですが、それをゲームとして受け入れられればそれなりに楽しめるはず。ていうか00のアレルヤの声にしか聞こえなくて笑ってしまいましたよw。システム的には1枚絵のクオリティが下がるなんてこともなくエフェクトに凝ってたりチャットを表示させてみたりと好印象。ただこれも12RIVENと同じで女キャラがあまり印象に残らなかったなと。エロがないせい…だけではないと思いますが全員それなりに泣き所をもっていそうなものなのに掘り下げられてなくて残念かなと。個々のイベントはそれなりにおもしろかったんですけどね。

総プレイ時間18時間半
関連記事

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2008 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<DRAGON BUSTER 01 | 狙撃者のひとりごとR | 電撃姫 2008年7月号>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 狙撃者のひとりごとR |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。