最新記事

「PRISM ARK らぶらぶマキシマム!」感想 後編
2008-03-24 Mon 21:01
前編より引き続きプリズムアークのFD後編です。残すコンテンツは長編の書き下ろしシナリオとパズルアーク。ボリュームは長編だけで前編と同じくらいになっています。

らぶえろマキシマム。
本編のEND後、学校も復興し卒業式を目前に控えたハヤウェイ。しかしただ卒業式を待つだけではなく校長先生の好意(?)によって、これまで戦争で楽しめなかったイベントが一週間に詰め込まれていた。まずは卒業のために遅れていた勉強の補習から始まり、体育祭、修学旅行、そして徹夜で王様ゲーム。それらのイベントすべてが新任の保険医に渡されたプリズムによって混沌へと導かれていく…

というあらすじ。ギャグ満載、エロ多めで非常に濃い内容でしたwそれはもう濃すぎて疲れるくらいw。最後にはちょっといい話も入っているし普通に1ルート追加という感じでした。

パズルアーク。
本編のほうで腕試しとかあったらいいねとか言ってたら作られましたw。使えるプリズムが制限されていて敵の行動もある程度決められています。想像してたのとはちょっと違いましたが、なかなか骨がありつつも解けなくもないという難易度設定がすばらしいです。でも3-8だけどうしても解けなくて攻略を見てしまいました…弱点を無視とかずるいよ…

総評。
FDとしての出来はかなりいいでしょう。もともとぱじゃまさんはドラマCDとか得意だしギャグ多めのこういうシナリオがうまいです。でもフィーリアおあずけだけは勘弁して欲しかったですけどね…事情ってやつでしょうが思わせぶりなんだもんなぁ。パズルアークもすごいいいかんじ。本編であったらちょっとなえる難易度ですが、パズルならありですね。悩みすぎてたぶん7時間以上かかってますw。くるくるもラジオはオススメするほどではないですが本編には普通に期待しています。

総プレイ時間 20時間
関連記事

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2008 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<あいこら 11巻 | 狙撃者のひとりごとR | ライトノベルの楽しい書き方>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 狙撃者のひとりごとR |