最新記事

「PRISM ARK らぶらぶマキシマム!」感想 前編
2008-03-14 Fri 20:59
1月末ソフトよりプリズムアークのFDです。本編は2006年の夏なので1年半くらい経ってますね。プレイ時間50時間を超える大作でした。今回はアニメ化とPS2版の狭間というタイミングでの登場です。実際FDはC71でも一回出てるんですが苦い経験を味わってます…そう、今回こそはのリベンジですよw。電撃姫の12月号とかではちゃんとフィーリアがナニをアレしてるCGが載ってますからね、これはもう期待せずにはいられないwということでレッツプレイ。

中身としてはフィーリア含む本編の攻略対象7キャラ分の短編と1つの長編。それぞれ後日談が描かれています。長編とおまけのパズルアークは後編ということで今回は7人の話についてやった順で。

リッテ先生。フェル。
期待してなかっただけあって特筆することは…。しかしギャグの多さでつかみはばっちり。導入としてはよかったですかね。

かりん教官。
これもあまり変わらないかと思ったら最後にちょっといい話。ぱじゃまらしい感じですね。

神楽。
プリーシアツンデレな話ではありますがヤマがあったので話としては一番よかったかな。

テレサさん。
そんな好きというキャラじゃなかったのに今回はやばいw本編でのギャグ少なさとのギャップのせいもあるかもしれませんが浅川さん自体も確実に進化してるw

プリーシア。
ゆいにゃんだからーwということでラストの直前。しかしオチが素直すぎたのでちょっと残念。

フィーリア。
ふっふっふっ。CGはたしかにあった、そして今回はなんとちゃんと声もあった、別人のだけどなっ!。いや、明らかに他キャラが物まねしてるシーンだから、ごまかそうとかいう物じゃないんだけどさ…わざわざそのCGの時だけ声が別人ですよって表示するほどの念の入れようってどうよ…はめられた感でいっぱいですちくしょうorz

現プレイ時間10時間半(1.5時間×7人) 後編へ
関連記事

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2008 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<昔なつかし2005年2月期 | 狙撃者のひとりごとR | P2!6巻・7巻>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 狙撃者のひとりごとR |