最新記事

「さくらシュトラッセ」感想 後編
2008-03-09 Sun 20:58
前編より
引き続きさくらっせ。早くもFD制作が決定したようで3月末まで人気投票をやっているようです。

ルウリィ。まさかのネコ娘。
やるまでまったく知らなかったのですがそうとわかったら大本命にwネコらしく素っ気なくも愛があるところとネコらしからぬ一途なところがヤマです。もうね、ニヤニヤが止まらないですよw。ネコ好きのツボを捕らえたここまで完璧にネコなキャラはあまり記憶にありません。さすがNYAONさんだw。

マリー。いいこすぎる魔法使い。
そのいいこすぎて素直になれないところがヤマですね。クラウディアがもう少しいい味出すかと思ったんですがそれに頼らずマリーだけで勝負してました。一番普通っぽいんですが相当な恥ずかしがり屋という性格は見ていて飽きさせません。

総評。
もしらばを超えられるわけないと思っていたんですが、最大のヤマの大きさは及ばないものの量的にも泣き度は十分な上、ギャグ方向にはしっかり進化していたので総合的にはいい勝負できました。要するにかなりよかったということですw。どうでもいいキャラがいないというキャラ作りがすばらしい。クラウディアが攻略できると思ってたのは内緒ですwFDで早希さんと共に攻略対象になる可能性はまだありますけどねw。システム的にはテキストに現れない背景音声をかなり多用してあったのが目新しかったですね。嫌いじゃないですがオートのとき再生終了を待ってくれればもっといい演出だったのですが。あーDear My Friendがそこはかとなくやりたくなってしまいました。lightBOX2008に入ってるようですがどうしよう…

ランキング
ルウリィ>かりん>優佳=マリー

総プレイ時間33時間半
関連記事

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2008 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<エンブリオ 2巻 | 狙撃者のひとりごとR | CLANNAD 1巻>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 狙撃者のひとりごとR |