最新記事

「FORTUNE ARTERIAL」感想 後編
2008-02-25 Mon 20:56
前編中編より

トゥルー。真の瑛里華ルートはこっちです。
瑛里華の母がらみがいろいろと、吸血鬼と眷属の秘密、陽菜や桐葉や会長の過去などあらゆるものを絡めてきてそれらをすっきりさせる話です。ヤマはそれなり、エピローグはそろそろこういうのありかなと予想してたのが当たってしまったので逆に残念w。

おまけ。
プレイ途中で気づいたのは回想が全然埋まってないことw。トゥルーで複数とはないだろうという予想通りおまけは7つ中5個がHです。本編に無理やり入れるよりは2回くらいがやはり適度な感じなのでボリューム不足を補う方法として妥当です。まぁ通常シナリオがはっちゃけ気味なのであんまりネタがなかったのかもw

総評。
キャラ自体はほんとにもだえるくらい甲乙つけがたい出来ですが、全体を見てみると優良作という域からは出られなかったかなと。ヤマはあるところにはあるんですけどね、やはり通常瑛里華シナリオがなぁ…。あとは陽菜と瑛里華の話、会長の過去はまだまだ何か出てきそうな気がします。これはPS2に期待ですか?w。仲のいい脇役女子がいなかったので新しい攻略対象が見つけづらそうではありますが。システム的には流行の動く背景も取り入れてるし、エフェクトも順当に進化してます。特にHシーンの時の小ウィンドウはぜひ他社さんも真似して欲しいものです。次なる展開はドラマCDかWEBラジオかアニメか…いずれにしても楽しみであります。

ランキング
桐葉>かなで=陽菜>白>瑛里華

総プレイ時間42時間半
関連記事

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2008 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<CLANNAD 光見守る坂道で | 狙撃者のひとりごとR | わたしを有明へつれてって!>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 狙撃者のひとりごとR |