最新記事

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
「世界で一番NGな恋」感想 前編
2007-12-18 Tue 21:26
11月ソフトより、HERMITのだめ恋。
最近まるねこコンビばっかりだったのですが、丸戸氏の新作でございます。なにがだめかっていうと主人公がとにかく不運。しかもおもしろ系の不運ではなくて離婚だのリストラだのというリアルにだめな29歳。それが母親にかけおちされて一人でアパートの大家をこなす健気な少女に惹かれていくという年の差的にだめな展開ということですw。

攻略順は丸戸氏のいつもの手法としておいしいものは強制的に最後に回す手法。共通ルートからの分岐はOPに登場する順番、夏夜(夏)、姫緒(秋)、麻美(冬)、美都子(春)というように攻略していくことになります。しょっぱなから美都子がかわいすぎて振るのがつらいすぎなんですがねw

夏夜。ぐーたら系お姉さん。
やっててわかってきましたがだめ恋の意味はだめな主人公にべた惚れしてしまうほどだめな女って意味もありそうですw。ちょっとオチが素直すぎて読めたので個別ルートの盛り上がりはそこそこ程度。ですがまぁこれくらい積極的なほうが助かります。

姫緒。金持ち系お嬢様。
なんだかんだ姫緒もだめな女wっていうかこのルートは主人公が活き活きしすぎですねw。全体的には丸戸節お得意の巨大な敵を痛快に倒す要素が入ってきてて、ラストの盛り上がりっぷりはたまらんです。

現プレイ時間 16時間 後編へ
関連記事

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2007 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<智代アフター Dear Shining Memories | 狙撃者のひとりごとR | あいこら 10巻>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 狙撃者のひとりごとR |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。