最新記事

「うちの妹のばあい 純愛版」感想 前編
2007-11-11 Sun 21:22
積みをようやく崩し終わった、と思った先から積まれていくわけですが、それでもだいぶ時代の波に追いついてきましたよと。10月末ソフトよりうちの妹のばあい、純愛版てw。幼馴染な彼女から紆余曲折を経て?ようやく発売となりました。

通常版は2003年の5月ですか。
それなりに重くていい話も含んでいたんですけども、なによりNTRのすばらしさを教えてくれた作品です。抜きゲとしても非常に優秀でしたよ。というかやろうと思った動機が当時ふぇら音で非常に定評があったcv涼森ちさと・天天のお二人が出ていたからっていうw。最近はちょっと甲高い声過ぎて苦手だったりするんですがね。

その通常版からNTRなどの凌辱系成分を取り除き、新キャラ、補足外伝を追加したのがこの純愛版。あのキャラがいい人にというキャッチフレーズにやられましたw。まぁ各キャラごとに感想を言うのはおいといて、追加・変更部分についてだけ。

既出キャラ。
ばっさり凌辱ENDが全カット。共通ルートの文章にあまり変化がないせいか、いつ裏切られるかとびくびくさせられたんですが大丈夫でしたw。追加要素は新キャラとのからみ以外あまりないです。しかし一度やったのに忘れてたのかわかりませんが新鮮味がけっこうありましたw。

新キャラ。
よくある保健室の先生といじめっこ。女は怖いですねw。既出キャラで凌辱分をカットしたせいか、無理やりやるというかやられるシチュが多いです。シナリオ的にはそんなに盛り上がるタイプではなかったですね。

後編は外伝と真説ということで。

現プレイ時間 12時間(けっこうスキップ気味です) 後編へ
関連記事

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2007 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<オオカミさんと傘地蔵さんの恋 | 狙撃者のひとりごとR | オオカミさんとおつう先輩の恩返し>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 狙撃者のひとりごとR |