最新記事

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
「リトルバスターズ!」感想 後編
2007-11-06 Tue 21:22
前編中編より

唯湖。お色気担当?はっはっは。
鈴ルートの直前にやったほうがいいとか聞いていましたがそんなことはなかったかも?確かに正しいENDはトゥルーを見た後じゃないといけないのですが…。それにしても姉御かわいいよ姉御。オチはそんなに高くないヤマでしたが。

鈴。帰ってきた猫娘。
っていうかこれもまたBAD風味な…トゥルーを含めて鈴ルートといったところです。大筋は鈴BADと同じですが年寄り猫の話と重要選択肢が逆という程度。特にヤマはありません。

トゥルー。
さぁ真実へ向かって一直線。正直途中からそうなんじゃないかなぁと思ったオチでしたが予想するのと読むのでは違います。オチがわかってても泣かせるものこそ本物の名作。あざといの大好きですがなにかw。やっぱ野郎共が最高だよw。

総評。
期待通りの超名作。久しぶりに心のゲーム級のものに出会えた気がします。やはり男達がいい味を出しているゲームは強いですね。あーもうまた思い出し泣きしそうw。多少すっきりしない部分もありましたが、考察の余地というものでしょう。誰かにまかせますw。ミニゲーム、特に野球は単純ながら飽きない、何度でもやりたくなるすばらしい出来。10Hit程度しかできませんが…。選択肢ゲームもCLANNADのフラグ管理というほどではないので親切ですね。ED曲も何気に全員分あった?OPも名曲ですよ。なんだかんだ絵もこっちのほうがいいですよねw。気が早いですが次はいつ出るんだろうと期待しつつ気長に待ちますか。

総プレイ時間 50時間半
関連記事

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2007 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<あっちこっち | 狙撃者のひとりごとR | エム×ゼロ 6巻>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 狙撃者のひとりごとR |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。