最新記事

「夢見師」感想 前編
2007-06-02 Sat 21:03
ちょいと延期が入って5月ソフトとなりました。これもコンシューマからの逆移植ですね。しかしCVの起用からみてあきらかにPC向け…なにがしたくてPS2で出したんでしょうか?やってないのでなんとも言えませんが、とりあえず追加要素しかないのが逆移植のよいとこですね。Hシーンだけでなくシナリオ補完もばっちりのようです。

話の概要。
ある日突然1日を2回繰り返すようになってしまった主人公。仕組みに気づいた主人公は1回目でその日の出来事を把握し、2回目でその日の結末を都合のいいように変えていく。しかしそれこそが夢見師の能力だと知ったとき、すでに事態は取り返しのつかない方向へと動いていたのだった…。

夏子。才色兼備な先輩キャラ。
シナリオの時系列は一本道なので導入ってかんじです。わけありなあたりを夢見の能力でなんとかしてあげるというのが基本スタンスのようで。それにしてもBADENDがすごい重たいんですけどw。寝取られをPS2でどう表現していたのか気になるところです。

奈緒。お調子ものの後輩キャラ。
先輩との話から1年後。オチも基本は一緒なのですが、多少ひねってあるのでよしとしましょう。みるさんやっぱいいわ~。こちらもBADは陵辱系。割り切れるからいいですけど…これを深みが出たと言ってもいいのかどうかw

現プレイ時間 13時間 後編へ
関連記事

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2007 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<えむえむっ! 2 | 狙撃者のひとりごとR | 電撃姫 2007年7月号>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 狙撃者のひとりごとR |