最新記事

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
「ああっお嬢様っ」感想 後編
2007-05-08 Tue 20:58
前編より

沙紀。庶民派お嬢様。
必死にお嬢様らしくなろうとするのですがダメすぎてかわいそうになってきますw。香織様も嫉妬をせずにやさしいかんじでよかった。あと言葉遊び的な勝負「あたしが勝ったら~、おまえが負けたら~」を深読みしたらただの誤字だった…。

美弥子。落ち着き型お姉さま。
やってくれたぜ病弱ネタw。やはりそれだけで強いです。しかしENDが二つあるのですが選択肢がシビア過ぎ…。なにがどうフラグなのかわかりませんが最初からやり直してようやくコンプ。

須美。図書館の引きこもりw。
まじで最後までほとんどしゃべってくれませんw。やっとしゃべったらもうENDですよ。でもしゃべっただけでうれしいのでおけw。

おまけ。
かなりツボなセレクションw。香織様は幼児化し、マリーはむしろメイドさんを攻め、由香利はメイドになってご奉仕してくれます。沙紀は魔法少女で触手もの、美弥子は普通の裸エプロンですが、須美には官能小説を読ませしゃべらせまくりです。

総評。
短いってのもありますがいろいろと後半の展開には破綻が…。意味深な校内放送とか体調不良とか放置だもんなぁ。というか香織様以外と仲良くなるにはハードルが高すぎる設定では?莫大な借金をぽんと肩代わりして執事としてかくまってくれてるのに、それを押しつけとしてとってしまう主人公が嫌だ。まぁそういうのが半分くらいだったのがせめてもの救いですか。それにしてもおまけはすばらしぃ。こういうおバカなHメインのゲームのほうが向いているのでは?前作のとりとりを知らないんですけどそうだったのかなぁ…

総プレイ時間 18時間
関連記事

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2007 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<助けて秋吉くん!! 西条麻弥の場合 | 狙撃者のひとりごとR | ほめられてのびるらじお>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 狙撃者のひとりごとR |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。