最新記事

「ああっお嬢様っ」感想 前編
2007-05-04 Fri 20:56
4月末ソフトの中では直前まで気にもとめてなかったんですけど小冊子戦略にやられてしまいましたw。いきなり絶望した!で始まるこれですが両親の残した借金に追われて死にそうになって執事になってしまうあたりは最近流行のハ○テですよw。他にもあいさつがご機嫌ようで走ったらいけなかったり、学園長がこうだ・まきよしでアタックチャンスだったりと設定がパロディですがネタはその辺で打ち止めです。基本はヘタレな主人公が執事やりながらお嬢様と仲良くなると、そういうことです。

香織。執事にして助けてあげるくらいの幼馴染。
これだけスキスキ光線出してたら無視はできません。ゆいさんのせいだけでなくベットの上でのかわいさは異常w。しかし主人公のヘタレ具合が半端ないし記憶がなさすぎでいろいろとがっかり。

マリー。空気読めない風味のドリルさん。
一国のお姫様らしいということでなかなか壮大な話にしてくれます。でもオチはぇぇぇですがw。メイドさんがいい味だしてます。

由香利。香織と犬猿の仲なドS委員長。
主人公を縛って尋問してくれますw。ただ好感度がわかりづらいので展開が急に感じるということとオチの部分がそうだとわかりにくかったです。

現プレイ時間 11時間 後編へ
関連記事

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2007 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<エム×ゼロ 3巻 | 狙撃者のひとりごとR | P2! 2巻>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 狙撃者のひとりごとR |