最新記事

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
「プリミティブリンク」感想 後編
2007-03-14 Wed 20:50
前編より

ティエラ。ツンデレキャラ。
最初のほうはこいつも空気読めないのか?とか、いきなりなんでそんな展開?とか思ったりしましたがすべては理由があるんですね。でも後から言われるのはなぁ…。ええぇな終わり方ですがおまけで多少のオチをつけてくれます。

ゆめ。空気の読めない女、春野ゆめ、よろしく。
とか思ったらいきなり重い話に入って全然普通のキャラになってるwエンディングのタイミングが変?と思ったらトゥルールートがあったのね…フィーナルートの構成とよく似てるかも。ヤマは低いですが。

トゥルー。
回廊攻略作戦、ってなんかオルタみたいなんですけどwしかし特に戦闘シーンがあるわけでもないです…。いろいろとおもしろい展開にはなったし勢いがあったのでそんなに悪くはなかったかな?でもゆめの出番少なすぎねw

総評。
うーん…魔法はどこってかんじ?なんていうか期待していたものと違ったってことでしょうか。魔法のエフェクトをガンガン使うようなものではなかったのですね。話的には広げた風呂敷を畳み切れてない感が…。星の免疫の具体的な話とか、アルテシアとリコの話とか、ゆめのお父さんの話とか、学園長代理とハルシオンの話とか、主人公の過去とか、泥棒さんの存在意義とか、挙げればキリがないんですがもっとちゃんと書けば泣き所なのにってのが多数あってもったいない。あとゆめもそうなんですがどちらかというと主人公の行動のほうが自分には受け入れ難いかなぁと。基本的にヘタレだし、交換留学生なのに授業をないがしろにしすぎwあいかわらずOPの出来はいいんですけどねー。このままで大丈夫ですかパープルさんは。

総プレイ時間23時間(本来なら+7時間くらい)

※Hシーンを飛ばしたりボイスをフル再生してないのでその補正を感覚で。
関連記事

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2007 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<昔なつかし2004年2月期 | 狙撃者のひとりごとR | えむえむっ!>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 狙撃者のひとりごとR |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。