最新記事

「ナツメグ」感想
2007-03-05 Mon 20:46
2月ソフトより、ねこねこソフトの後を継ぐ、と言われているコットンソフトのデビュー作。絵的にはこっちのほうが全然好きだったりwただシナリオの要の片岡ともさんが脱退したことで期待度は大幅ダウンなわけですが…前評判は普通という意見が多いようなのでとりあえずモノは試しに。

ゆかこ。転校してしまうメインヒロイン。
主人公をかたくなに苗字で呼ぶのですが特にオチに使われるわけではありません。プロローグも含めた評価でまぁまぁなかんじです。

まどか。生徒会長的姉キャラ。
母キャラと同じ声はやめてw主人公との過去関係がいまいち伝わってこなかったらへんとか全体的な描写不足か。

セリス。金髪ツンデレ。
声はサブキャラ磯野と同じ声ですよwあとは特筆すべきことはないっていう普通さ…。おまけがなつかしのアレw

みり。ツンデレ2。
短いけどそれなりによかったかな。なんかゆかりさんはお尻率高い気がするのは気のせいかw

ほとり。ほんわかお掃除娘。
このシナリオだけは別格。やってよかったと思いました。

総評。
やはりねこねこソフトの影響がよくも悪くも。声優はほとんどいっしょ、しかし新参声のほとりさんが一番よかったのは脱却をねらったのか?恒例のおまけはスタッフルームだけ同じ、おまけシナリオは回想ページに吸収されてわかりづらいよwシナリオは中盤のRESによってとりあえず何周もするのは苦になりませんでした。ただプロローグからのつながりが悪いのでもう少し共通があってもよかったかもしれません。またエピローグが基本的に無いのでここでハッピーエンド?ってかんじ。もっとスッキリ感が欲しいですね。そういう意味でもやはりほとりルートは別格なのです。

多分ねこと比べなければ水準以上の出来ではないかと。ただ無名の新規ブランドと比べればその宣伝効果は計り知れないんですよね。ねこの荷は重いかもしれませんがほとりで少しだけ期待を持てそうな気にさせてくれました。ほとりレベルのものが2、3キャラいれば優秀なブランドになれるのではないでしょうか。木緒さんの成長を楽しみにしましょう。

総プレイ時間 10時間(本来なら+5時間くらい)
関連記事

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2007 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<P2! 1巻 | 狙撃者のひとりごとR | エム×ゼロ 2巻>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 狙撃者のひとりごとR |