最新記事

「ef -the first tale.」感想
2007-02-02 Fri 15:42
さてさて12月ソフトよりFD・ドラマCDと先行していましたが本編にようやくたどり着きましたef。雑誌や初回特典等の扱いをみるに周囲からの期待度の高さがわかりますね。FDのクオリティを見るにたしかにすごいものにはなっていそうです。ということで中身に行ってみます。

いきなり優子さん視点ですか?という導入部。強制オートモードにてまずつかみはオッケーって感じですかね。自分は山田ゆな=鳥居花音説を支持したい。

みやこ編。
淡々と日々が進んでいき一瞬BADエンドか?と思わせてなんだか特に盛り上がることもなくそのままちゃんとエンディングに到達してしまいました。三角関係でどろどろ~なかんじなだけで特に泣きどこはなかったです。minoriはwind以来なのですがこんなもの?声はいいんですけどねw

景編。
時間軸はそのまま続きます。同様にまた一瞬BADエンドか?という展開で同じく終了。ちょい役に成り下がった紘君がちょっといいことしてくれますが特に泣けるものでもないです。みやこに比べて声に違和感を感じるだけないがしろにやってしまいました。

総評。
えっと…正直微妙…。CG枚数とかはたしかにすごいんだけどねー。短いせいもあるのかな?しかし優子さんの謎めきっぷりが後半になるにつれて増加していき、後編をこれまた微妙にやりたいような気にさせてはくれてます。一本道だと聞いていたので選択肢が出てくるとは思わなかったのですが、一応分岐によってBADエンドもありました。あとOPムービーがどこにくるかと構えていたら最後の最後でしかも修正パッチ当てないと強制終了するバグorz

総プレイ時間11時間
関連記事

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2006 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ToLOVEる 2巻 | 狙撃者のひとりごとR | 電撃姫 2007年3月号>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 狙撃者のひとりごとR |