最新記事

「もしも明日が晴れならば」感想 後編
2006-08-16 Wed 15:09
前編より

珠美。
たまちゃんたま姉ちゃんです。ツンデレですよ。しかもかなり強めの。でもシナリオ的には共通ルートの方がよかったりして。

明穂。
メインです。もう幽霊って時点で報われないの確定な勢いですよ。オチをいろいろと予想しつつやりましたがきちんと裏切ってくれたので満足です。でも最後にやるとちょっともう泣きはおなかいっぱいなような…

総評。
あーもう各章でいちいち泣かされたら身が持ちませんねw設定がずるいずる過ぎる。まぁその設定を堪能したいがためにやったのだから文句なしですが。ただあんまりこれ系ばっかりやると飽きちゃうのでほどほどに。システム面は普通です。ちょっと立ち絵の変化が激しい印象ぐらいかな?音楽はシナリオ効果でいい印象。

ついでにコミケで買ったファンブックの中身ですが、CGと販促イラストがほとんど。インタビューが1ページくらい。カバー裏が明穂のシーツ柄になってました。しかし特別なおまけ要素がないので普通のファンブックと比べると物足りないですね。

総プレイ時間30時間
関連記事

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2006 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<C70を振り返る | 狙撃者のひとりごとR | 天使のレシピ2>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 狙撃者のひとりごとR |