最新記事

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
「もしも明日が晴れならば」感想 前編
2006-07-24 Mon 15:07
いまさらですが、2月ソフトのもしも明日が晴れならば。
やってしまいましたー。思えばなぜ2月はこれをスルーしたのか。どう考えても初期設定だけでご飯3杯はいけるよ…。たぶんくすくす氏の絵が理由か積みすぎの時間なしが理由なのかわかんないけど、絵の方はやってみれば悪くないどころかむしろろイイ。当然メインは明穂なので最初にとも考えたのですが最近マイブームのみるさんからにします。

つばさ。
おそらくこれが最も整合性があるというか、順当なシナリオでは?明穂の亡き後を埋められるのは妹を差し置いて誰がいようか。不遇がうぐぅに聞こえるのはご愛嬌w演劇部という設定が思いのほか活かされててよかった。

彩乃。
えーと…委員長むくわれないのね…バッドエンド?ていうか最初の頃は絶対サブ男寄りだと思ったのにー。せっかくの一色さんもキス止まりです。

千早。
疫病神。過去を持ち出してなんとかなったような気がしなくもないけど、主人公と明穂が許してもオレが許せない。だってそりゃ無理だろうよ…嫌われ役乙です。

現プレイ時間20時間 後編へ続く
関連記事

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2006 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ひかりをすくう | 狙撃者のひとりごとR | TECH GIAN 2006年9月号>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 狙撃者のひとりごとR |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。