最新記事

「H2O」感想 後編
2006-07-09 Sun 15:05
前編より

ひなた(ほたる)。
いい子にこだわるお嬢様。そのいい子でいなければならない理由ってのが最大のヤマ?どっちかというとはまじちゃんの出番が多かったような。でも男ぢゃんw

音羽。
時の精霊。最初はお母さんかと思いましたが違いました。萎えるよねそりゃ。どうやらかなりの基本構成は同じな様子。慣れてきたところで終了…

おまけ。
アフターストーリー。これがね~評判どおり1番よかったよ…。ゆい様がいい奴になってるじゃないかこのやろ。まぁあれだけいじめられてたのに仲直りできるのはちょっと不自然な気がしなくもないけども、序盤のが○学生だとしたらまぁ納得。

総評。
序盤は主人公が嫌いでどうなることかと思ったけども…目が見えるようになってからはいいかなって思えるようになりました。アフターストーリーとか。一つ言えるのはどのルートでもはやみちゃんが一番ってこと。別ルートでのはやみちゃんのはにかみっぷりは強力だよ…。序盤のだるさを回避できたらもうちょっといい評価になったかな。導入でやめたくなった人も我慢さえできれば最後までやる価値はあるかと。あとどうでもいいけどはやみちゃんの声って最初一色さんだとずっと思ってた。風音さんでしたか。

総プレイ時間17時間
関連記事

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2006 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<だめあね☆ | 狙撃者のひとりごとR | 「H2O」感想 前編>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 狙撃者のひとりごとR |