最新記事

「D.C.Ⅱ」感想 後編
2006-06-27 Tue 15:02
前編中編より
さぁようやくやってきましたクライマックス。杏の前にいけそうな感じのタイトル画面の変化があったんですけどメインですからー最後ですからー。なんだかすべてを知ってそうな音姉は後回しにして由夢からいきます。

由夢。
由夢の魔法は未来視。それが素直になれない原因でもありそれがまたいじらしい、ね。だいぶデレモードの時期が長いのでボリュームはあり。でもなんだかよくわからないままあっさり終了。エピローグでちょっと挽回かな?でもそれも最後までやってないとやっぱりわかりづらいかも。ちょっと落胆…

音姉。
真打登場。相変わらず弟くんという呼び方は違和感ありまくりなんですけども。第3部はかなりすれ違いが長引くのでやきもきしますねー。そしてEDまでHなしというのはよい判断かと。入れるとしたら屋外になりそうな勢いだったからなぁ。オチっぽいものは5人もクリアすればだいぶ見えてきますがそれでも正義の魔法使い、よかったです。

D.C.。
さくらさん補完。これですべてのピースがそろいます。こりゃ反則ものだー。ないとかなり困るけど。

総評。
長かった…。でもかなり満足のいく出来になっているのではないでしょうか。3部構成になってるけどその構成がうまくてほとんど6人が別ルートになっているようなもの。一人一人もベタでご都合主義だけどそういうのでいいんです。やっぱりハッピーEDでないとね。また音楽もすごいねー。部の変わり目とOPEDで一周4種類のボーカル曲…中でも橋本さんのEspeciallyがお気にです。あとどうでもいいけど純一さんなんだかヴェルタースオリジナルな雰囲気w

プレイ後ランキング
音姫>さくら>由夢=小恋=ななか=美夏>杏

総プレイ時間40時間
関連記事

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2006 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<電撃萌王 2006年8月号 | 狙撃者のひとりごとR | 「Summer Days」体験版>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 狙撃者のひとりごとR |