最新記事

「D.C.Ⅱ」感想 中編
2006-06-20 Tue 14:59
前編より

かなりのボリュームで思うように進まない…進まないよ…それでもなんとか終わりが見えてきた。そんな4人目が終わったまでの感想です。

美夏。
はい、美春再来。大きく違うのはツンデレってことですかね~。さらにはいじめられっこ属性も装備とは。また委員長がここでは活躍というか汚れ役というか…でも出番多くてよかたね。さらにここでも渉くんがいいこと言ってくれるんだまた。自分はあいにくロボット属性は持ち合わせていないんですがけっこうよかったかと思います。

杏。
どんなゲームにも視覚的に、キャラ的に受け入れがたいキャラがいるもんなのですが今回は杏がそれ。話は作りにくいかもしれないけど茜や委員長のほうがいいってば。でまぁシナリオですが…これは舞い散る桜の…げふんげふん。けっこう魔法の方よりで記憶関連・唐突完結なんてあたりはまさにね…ていうか桜も散ってるしw

現プレイ時間26時間 後編に続く
関連記事

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2006 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ノベル版 夜明け前より瑠璃色な ミア編 | 狙撃者のひとりごとR | はにはにラジオ Vol.6>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 狙撃者のひとりごとR |