最新記事

「紅蓮に染まる銀のロザリオ」感想
2006-05-18 Thu 14:54
4月末ソフトもこれで一段落、なんとか5月末には間に合ったと。F&CとCIRCUSのコラボってどういうことなのかよくわからないけどとりあえず無難なソフトになってるんだろうなぁと言うことでレッツプレイ。

視点を変えるシステムとシューティングシステムが目立ってます。シナリオはほぼ一本道。今回は攻略サイト見ながらやったんだけどこれがまず失敗。これは推理というか捜査でゲーム性を楽しむタイプだったのね。あと声。音さんの声こそ聞きたいのに肝心なところではなぜかメアリー視点で声はなし。ついでに回想モードもなし。最後に五代の素性。なんだか死線を潜り抜けてきたとかそんな設定があるぽいんだけど特にくわしい説明があるわけでもなく、そんな男がなぜ普通の町で探偵なんぞやっているのかという点が…かなり気になってだめ…。吸血鬼って話の方が受け入れやすいのはあきらかに現実味が無いから、だと思うんだけど…探偵はどうなのかって言われると困る。うん、きっと好みの問題。

総プレイ時間 8時間(←今回から書いていこうかなと)
関連記事

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2006 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ぷりっちラジオ | 狙撃者のひとりごとR | ふとしたシリーズ>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 狙撃者のひとりごとR |