最新記事

「青空の見える丘」感想
2006-05-02 Tue 14:47
4月ソフトより、fengの青丘。いなかと都会の幼なじみとかツンデレとかで散々売り込まれてたみたいだけど、そこまでその設定を強調することはないというか特に目立ったところもない普通の学園もの。

シナリオはモテ系主人公が一人を選ぶこれまたオーソドックスな内容。12、3話構成で10話くらいまでがほぼ共通のため一周さえすれば後はさくっとクリアできました。

総評。
2、3話でなにができるの?って思ったけど意外と重い話に持ってかれたのでちょい泣きで。日常会話にはかなりの小ネタが含まれていて、自分でも理解率は9割くらいのやさしいネタなので受け入れやすいです。「あんたってひとはーーっ」って叫ぶツンデレwww。あとシステム面で気になったのがゲーム中のBGMのタイトルが表示される方式なんですが、なんかそういう気分に無理やりさせられるみたいでいやだなぁと。その気にさせる意図があったわけじゃないのかもしれないけどBGMはそれっぽければそんなに気にしないので。最後にミコトちゃん攻略できなかったのがなぁ…チラったり揉んだり跨らせたりしておいてそりゃないぞ…
関連記事

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2006 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<SEED DESTINY 砕かれた世界 | 狙撃者のひとりごとR | 5月の気になるリスト>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 狙撃者のひとりごとR |