最新記事

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
「マブラヴ オルタネイティブ」感想
2006-03-22 Wed 14:22
二月末ソフト、ラストを飾るのは待たされに待たされたこれです。マブラヴをやったのがオルタの発売予定ちょっと前だったんですけど、それももう一年前くらいな気が・・・いろいろと忘れてるけど強行で。

序盤の展開は体験版で予習済み。時間ループものの先を知ってる感ってけっこう好き。戦術機に乗るようになるともうアンリミ編とはだいぶずれが生じてきて先の読めない展開に。大規模戦闘の迫力はすごい。ほとんど映画になってるよこれ。この辺で問題のグロ画像が・・・はっは~なんてこったい。ようやく純夏も登場。さらになつかしい君のぞ組。3・2・1ハイとぶっとばすわよぅはもうたまんないなぁ。あとは佐渡島・横浜・最終決戦とヤマの連続でエンディングへ。やっぱり最後はハッピーにならないとね。

総評。
いやー長いよこれは。予想通り一本道のうえに4G超えてるし。でもかなりおもしろかった。基本はアンリミ編の純夏補完でデモンベインをさらに熱くしたかんじ。戦時下という特殊な状況であるとはいえ泣きどこがずるいよなぁ。でもそういうあざといのは嫌いじゃないからOK。あとはこれ18禁なのはグロさなんじゃないかっていう。ベータにやられるのはかなり濃かったけど、クリアしても回想・CGモードとかないし。まぁなんにせよ待たせるだけはあったのかな。立派な完成度だと思います。

アナザーストーリーへ
関連記事

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2006 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<「ねこ ぷちファンディスクみたいなの」感想 | 狙撃者のひとりごとR | MOTHER2日記 その2>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 狙撃者のひとりごとR |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。