最新記事

「あると」感想 後編
2006-03-18 Sat 14:19
前編より

千歳。
生徒会ルート、と思いきやいきなりバイトを始めるとわ思わなかった。この娘も好き好きオーラだしてます。いろいろと初々しいですね。秋色とのからみが多いのもうれしいですww

瑞穂。
会長さん。あまりにも脈がなさそうなんでどう進むかと思ったらけっこうすんなりなのね。カウントダウンでも言ってたけどみずはちゃん・・・

総評。
さすがパープルソフトといったところですね。システム周りも使いやすいし、OPのアニメとか橋本さんの歌とかもさすがです。そして今回はシナリオのボリュームがすごい。一人につき山が2,3個あります。話自体はお涙頂戴ものではないのでインパクトには欠けますが、不思議とダレないこのテンポはいったい?あとは魅力的なサブキャラの処遇ですね。美春・店長・みずは・・・ファンディスク期待しております。って思ったのにTGにファンディスクは出さないってかいてあるんだよなぁ・・・OTL
関連記事

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2006 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<もっとっ | 狙撃者のひとりごとR | 流れ星が消えないうちに2>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 狙撃者のひとりごとR |