最新記事

「家族計画 Re:紡ぐ糸」感想 前編
2014-03-04 Tue 16:15
11月末ソフトより、D.O.の家族計画Re:紡ぐ糸。
原作はエロゲ発展期の2001年に発売、ボイスを付けてリメイクの絆箱、エピローグ的続編のそしてまた家族計画を、PS2に移植して景ルートを追加した心の絆、そして原画がさめだ小判氏に変更したPS3でRe:紡ぐ糸、そしてきちんとエロシーンを含めた最終版のPC版紡ぐ糸です。何回リメイクしているのかwまぁそれくらいの超名作ってことですね。
PSP版心の絆のときも簡単に感想は書いてますが、PC版ラストということで一応ちゃんと書いておきたいと思います。

共通は、各キャラと出会い家族計画をスタートなOPまでに4時間、様々な困難を乗り越えつつ決定的な事件で家族計画終了まででさらに14時間程度。夕暮れに一人、司のちゃぶ台返しあたりで家族観が爆発するあたりがヤマヤマです。
個別ルートはそこから3時間程度。ルート固定は景のみ2周目からでそれ以外はなし。選択肢は数が多く意外と難しいので攻略サイト推奨です。
推奨攻略順は、末莉⇒準⇒春花⇒青葉⇒真純⇒景。一応ネタバレ的なものを避けるとこんな感じです。

末莉。がんばりや4女
家出から、養父母問題、兄としての同棲、ストーカー決着までで3時間半程度。川の字、火事からの脱出、104号室、墓参り、立て札、再会あたり司ルートに来るようなヤマが多いです。ロリ担当ですが初夜の怒涛の展開には笑ってしまいますw
中の人は最近出始めの結衣菜さんで、元々の片瀬唯さんとは傾向が似ててどっちもどっちくらいであまり違和感はなしかな。

準。金クール次女
金策から始まり、施設の再建、景との確執がメインの3時間半程度。食事事件と餞別、景と木登り、空腹と春花の許し、似顔絵とオムライスなど後半は怒涛のヤマ展開です。幼なじみ属性も一応ありますが不器用なキャラが最後にはハマります。
中の人は最近流行りの桐谷華ちゃんでかわいくなってますw。元の今井由香さんも今はプリキュアに出るような人ですが当時はあまり好みには当たらなかったんですよね。

春花。天真爛漫3女
母親探しから、過去のいきさつを知り、マフィア抗争の顛末までで4時間程度。寛の謝罪、準の手助け、誕生日祝い、告白とエピローグあたりはヤマばかりです。純粋でほんといいこなだけに破壊力は抜群です。
中の人は桃井穂美さんでけして悪くはないんですが、あおきさやかさんに慣れてしまうともう戻れないですね。

現プレイ時間29時間 後編へ続く
関連記事

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2013 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<「家族計画 Re:紡ぐ糸」感想 後編 | 狙撃者のひとりごとR | 電撃姫2014年4月号>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 狙撃者のひとりごとR |