最新記事

「グリザイアの楽園」感想 後編
2013-11-10 Sun 00:13
前編より
残すは過去に戻ってプロローグとおまけHです。

Plorogue De La GRISAIA
学園創設から、天音、みちる、蒔菜、幸が転校してきて仲間となっていくまで。ちらつく過去は果実で参照という感じであっさり。でもそれぞれが抱える問題に折り合いをつけていく流れは一周回ってこそイイハナシダナと。巣の蒔菜とかご主人様宣言とか楽園の中では一番よかったヤマかなと。

デイブ教授の抜きまくりChannel
ミリエラ、トイレH。ビッチ臭は消えずwアヘ顔までいきまくりです
キアラ、ネコカフェH。意外な感じでかわいかったです。お尻はやってもよかったのではw
千鶴、制服H。やっぱメガネキャラはおっとりしてないほうがいいなw
ギャレット、ご褒美H。あの大尉が弱いってのは完全にあるあるでした。
JB、二回目H。初めてじゃないけどちゃんとは初めてな感じがそそります。
雄二母、背徳H。子供の雄二に対してガチないけない感じ。
バスケ部1、ショタH。逆らえずいじられるシチュは好きですw
バスケ部2、ショタH。この頃から覚醒してる雄二攻めちゃだめw

総評
グリザイア三部作最終作として物語をきっちりと終わらせてくれましたね。迷宮ではもうやるものないんじゃとも思いましたがアフターありプロローグあり、その中にもしっかりヤマあり熱さあり、終止符を打つには十分な中身があったと言えるでしょう。
しかしフルプライスとしてはボリューム不足な感じが。あとはヒロインおまけHとかミニゲームぐらい?コレ以上特に入れるエピソードもなさそうなので、素材も揃ってきてたしちょっとは値段的におまけしてくれてもよかったのではと。
Hは流れでは特に変わらず。連発で濃いのはいいんですがチュパな感じがもう少し欲しいなというところくらい。バスケ部とか雄二母とかサプライズでしたよw。ただOPEDは3部作の中では一番残らず微妙だったかも。
そんな感じで微妙なところばかり書いてしまいましたが、フロントウイングの新たなる可能性はまざまざと見せつけてくれたのでこれからも期待していきたいですね。

総プレイ時間18時間
『グリザイアの楽園』2013.5.24発売予定『グリザイアの楽園』2013.5.24発売予定
関連記事

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2013 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<TECH GIAN 2014年1月号 | 狙撃者のひとりごとR | 変態王子と笑わない猫。7>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 狙撃者のひとりごとR |