最新記事

「グリザイアの楽園」感想 前編
2013-10-16 Wed 15:47
5月末ソフトより、フロントウイングのグリザイアの楽園。
フロントウイング10周年記念作として渡辺明夫氏の原画起用と衝撃的なシナリオで名作認定したグリザイア3部作の完結編。FD色の強かった迷宮のラストで流れた楽園の予告から物語の収束までと、果実前の学園を描くプロローグでまさに完結という感じ。体験版でちょっとかじってしまいましたが期待しながらプレイ開始です。

ブランエールの種
物語完結編。雄二のテロ映像から始まり、雄二救出に立ち上がるメンバー、タナトスの試練、一姫のあれから、雄二救出作戦、オスロと決着、楽園その後で10時間程度。雄二の部屋、麻子の楽園、出発の時、タナトス再会などラストに向けたヤマは連続でした。もちろん狙撃や強襲、爆弾解体、公道レースなど熱さもしっかり。結束力を見せてきっちり完結してくれてよかったです。グリザイアの由来もちゃんとあったw
分岐でBADもありますが一瞬で終わるのでそういう未来もあるかもね程度です。

楽園アフター
ブランエールの種では出番のなかったHシーンはこちらで補完。楽園の中で誰が正妻の座に収まるかという騒動の中で全員と1回H、その顛末までで3時間程度。まあ想定通りのオチではありますが、そうきたかという驚きもあり、納得でよかったというところもありでヤマではありました。
Hは由美子の上目遣いフェラと拘束サチマキナ3Pが好みで美味しかったです。

現プレイ時間13時間 後編へ続く
『グリザイアの楽園』2013.5.24発売予定『グリザイアの楽園』2013.5.24発売予定『グリザイアの楽園』2013.5.24発売予定
関連記事

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2013 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<アクセル・ワールド15 終わりと始まり | 狙撃者のひとりごとR | ゴールデンタイム7 I'll Be Back>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 狙撃者のひとりごとR |