最新記事

ある日、神様がスマホにおわしまして
2012-12-19 Wed 23:34
12月のGA文庫より、絵買いかな。pencilでおなじみのかんなぎれいさんのピンクな表紙ということでとりえあず。でもちょうどフリーになった話題がでたあたりでしたね。それでは本作の中身です。

いつものようにスマホでゲームをしていた主人公に届いた通知、それは新たなゲームの招待状だった。承認と同時に少女が出現、神様になるための試験に協力することに。街で心の隙間を持つ人間に取り憑く落神を見つけその隙間を埋めることになるのだが、最初の対象は学校の厨二病な先輩。教師をやり込めたり学校を全裸で歩きまわったりすることに。。。

というお話。実は作者の雨野智晴さんはCIRCUSとかでシナリオやってただけあって、幼馴染みや先輩絡めてドタバタな展開は非常にテンポよく面白かったですね。ラノベとしての出来はよかったと思います。かんなぎさんだけでなく、章末にある4コマは三輪フタバさんが担当でGJ。幼馴染みの出番が少なめだったので次巻あればそっちのほうに期待ですね。

ある日、神様がスマホにおわしまして
雨野智晴 イラスト/ かんなぎれい
ソフトバンククリエイティブ 2012-12-17
評価
by G-Tools

関連記事

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

別窓 | 【ラノベ】GA文庫 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<パパの言うことを聞きなさい!3巻 | 狙撃者のひとりごとR | あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない 2巻>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 狙撃者のひとりごとR |