最新記事

「SINCLIENT」感想 後編
2013-01-07 Mon 21:54
前編より
あくまで序章が終わっただけなのでこれからが本番です。

BABYLON
雫を狙う暗殺者21グラム事件、イギリス女王誘拐事件、バイオテロ事件、月宮総理暗殺事件、BABELの全世界同時テロ事件までで11時間程度。息もつかせぬ難事件の連発でがっつり引きこまれました。大爆発から最後の出動、美奈の活躍、雫一家の和解と最後にかけて事件の解決と共にヤマの連続です。
ここでのヒロインはお嬢様雫ちゃん。なんだこいつという展開から入ったので微妙に気が乗らなかったw。H3回ですが最後の一回が特に濃くてよかったかな。中の人は桐谷華さんで最近ノッてきた感じですね。声を覚えるにはまだラヴィリアくらいなのでもう一歩かな。

おまけ
妹キャラでシャーロット。妄想ですが兄とやってしまいます。嫌がりながらも流されてお兄ちゃんって感じはかなりいいw。中の人は藤森ゆき奈さんで、けっこう出てる人ですがすれ違っててあまり知らず。これが自分の中で代表作になりそうです。
元気っ子で舞。これも妄想という完全なるおまけ仕様w。耳年増な処女という設定でリードしようとしつつボロ負けな展開は実用性も十分です。中の人は夏野こおりさんで鉄板でした。

総評。
期待していたスパイ映画のようなサスペンスを存分に楽しめました。規模も個人の暗殺から世界規模のテロまでほぼノンストップという気の休まる暇のない展開でしたが、テンポとしてはよくてあっという間に最後という感じでした。
それはもう、もうちょっとやっていたいと思うくらいにw実際ボリュームはもうちょっと欲しいかなとwただ味のあるキャラも問答無用で退場させていく流れだったのでこれが限界ってのもわかります。それだけ凝縮された作品でした。
Hは1回が濃い目だったものの4キャラ平均2回いかないと回数的にはもうちょっと。おまけでパラレルなネタを入れてくれたりすると満足度がもっといくんですがw。メインが微妙でもサブヒロインはおまけのみでも出来はよかったので潜在能力はある気がしますw
OPも雰囲気はよく出てたのでこれを見て気になってやるというのもありかと。あと立ち絵とCGでだいぶ雰囲気が違うのでCGくらいのぷに度が全体にでてくるとより好みな絵になりそうです。
そんな感じで処女作としてかなりの完成度です。課題はボリュームですがシナリオを増やすのでなくおまけを充実させてくれればいいかなというくらい。そこらに期待して次回作も気にしておきたいと思います。

ランキング
シャーロット>美奈=舞=雫
ルートがないのでエロさですw

総プレイ時間19時間半
関連記事

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2012 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上#1 | 狙撃者のひとりごとR | ヒメこえ>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 狙撃者のひとりごとR |