最新記事

あの日見た花の名前を僕はまだ知らない。下
2012-08-30 Thu 16:32
MF文庫ダ・ヴィンチより、ノイタミナの名作あの花が脚本家自らノベライズ下巻です。上巻が1年前だったのでだいぶ待たされた感じになってますが、あの花もそんな昔かと思うと月日が立つのは恐ろしく早いですね。あらすじはアニメ準拠ですが中身です。

上巻はだいぶアニメ準拠だったのですが下巻はかなりのアレンジ入ってます。めんま家訪問とあなる援交の下りが逆転、めんまの日記が交換日記に、それにより意思疎通が早めに、ゆきあつとつるこのコンビネタ・めんま家エピソード・ぽっぽ以外の神社本音がほぼカット、花火の打ち上げとかくれんぼが入れ替え、かくれんぼの結末は手紙の詳細化とじんたんへの内容が変更、その他めんま視点が増加など。

いやーきっちり終わらせつつアニメとは違うエピローグを用意してくれるとは嬉しい誤算。読んでるときはラスト以外違和感をあまり感じなかったのですが、いざアニメと比較してみると順番が結構変わってましたね。増減はありましたが、新たな一面もあり文句なし。しかし見返すとやっぱり上巻のときとはわけが違うボロ泣きですねw。劇場版はこの小説が踏襲されそうな気もしますがやっぱり期待してしまいます。

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(下)
岡田麿里  
メディアファクトリー 2012-08-10
評価
by G-Tools
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(上) (MF文庫ダ・ヴィンチ)

関連記事

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

別窓 | 【ラノベ】MF文庫J | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<2012年9月の気になるリスト | 狙撃者のひとりごとR | はなぢ店長じゃ、だめですか?2>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 狙撃者のひとりごとR |