最新記事

双子と幼なじみの四人殺し2
2012-05-04 Fri 11:18
3月のGA文庫より、絵買いの続き買い。継続中の作品の中ではあまりないガチ殺人のラノベが2巻です。とりあえず肌色多めのカラーにひっぱられましたが、微妙だったかもしれないあらすじは1巻参照ということで今巻の中身です。

前巻で一旦平穏を取り戻した迷悟の周りだったが、新たな殺人事件が発生。生徒会室で4人、職員室で4人、さらには1人失踪と迷悟たちへの明確な殺意をあらわにして犯人は行動を繰り返していく。そしてついに遭遇してしまった犯人との直接対決、迷悟たちは生き残れるのか、そしてその動機と目的は。。。

というお話。序盤から犯人視点が交じるうえ、登場人物が別に豊富ではないので犯人はほぼ特定できます。ただできたところでどうしようもないなっていう展開とオチw。だってトリックがどうとかでなく犯人が異常に強いってなんじゃそりゃw。前巻のような正義感がどうのとかもないし、モチベーションが絵買いのみになりそうなので次巻は様子見かな。カラーのお風呂は話中にでてこないという純粋なサービスですw

双子と幼なじみの四人殺し 2
森田陽一 イラスト/ saitom  
ソフトバンククリエイティブ 2012-03-16
評価
by G-Tools
双子と幼なじみの四人殺し (GA文庫)

関連記事

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

別窓 | 【ラノベ】GA文庫 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<あの夏で待ってる 1巻 | 狙撃者のひとりごとR | 「真夏の夜の雪物語」感想 後編>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 狙撃者のひとりごとR |