最新記事

「やや置き場がない!」感想 前編
2012-02-03 Fri 15:18
10月末ソフトより、あかべぇそふとつぅの置き場がないFD。
有葉×健速というキャッチーなコンビでロボットモノという置き場がないから1年半でファンディスクです。本編の詳細な感想は記事参照ですが、短いという欠点以外はよかったという印象。そんな足りないわいわい感を補完してくれるのかなーと期待しつつプレイ開始です。

ベラルの竪琴。共通ルート
忘れられていた第3のロボットが登場、未開の地で神として祀り上げられ身動きが取れなくなっていたところを助ける話で4時間程度。新しいキャラ達がわりとしまらない感じなので話的にもバトル的にも盛り上がりもそんなになし。まぁ共通ルートの延長にしてもちょっと弱かったかな。

あとは各ヒロインのアフターが各1時間半程度。ルート固定は特になしで順番もお好みでOKかと。とりあえずおいしいものはとっておこうかなというところで、恋歌→鳩子→天音→シャノン。

恋歌。わんわん幼なじみ。
祖父に無理やり結婚させられそうになった恋歌が、主人公と共に逃げて先に結婚式をあげてしまうことにする1時間半程度。犬な過去とかみんなの祝福あたりがヤマかな。結婚式Hは本編と比べるとインパクトが薄くて普通な感じになってしまいました。

鳩子。天才ロリ教師
ロリをバカにされた鳩子をデートでなぐさめるも失敗し、大人ロボットを開発で大騒ぎな1時間程度。大人ロボットとの三角関係清算あたりでちょいヤマぐらいかな。本編のお兄ちゃんHもすごかったですがまさかの3Pは期待以上によくできていました。

現プレイ時間6時間半 後編へ続く

『やや置き場がない!』を応援しています!『やや置き場がない!』を応援しています!『やや置き場がない!』を応援しています!
関連記事

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

別窓 | 【PCゲーム】2011 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<金は彼女の回りもの | 狙撃者のひとりごとR | バカとテストと召喚獣10>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 狙撃者のひとりごとR |